読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式取引よりも多くの利益チャンスがあるFXの特徴について

FXは日本円で米ドルやユーロなどの外国通貨を売買することで、差益を得る取引のことになります。


例えば米ドル1ドルが100円のときに100ドル購入した場合は、100円の日本円で100ドル分米ドルを購入したということになり、使用した日本円は10000円になります。


そして、米ドル1ドルが110円のときに100ドル売却した場合は、100ドル売却することで100×110円分の日本円に換金したということになり、手元に戻った日本円は11000円になります。


株式投資を行なう場合は基本的に安いところで買って高いところで売ることになりますが、FXの場合はこのように例えば米ドルを買ってから後で日本円に交換したり、米ドルを売ってから後で日本円に交換したりというような、双方向の取引を行うことが出来るので、レートの動きを見ながら売買することで上がっても下がっても利益を出す事が可能となります。


そして、FX専用の口座に入っている資金を担保にして、数倍から数十倍の金額で取引を行うことをリバレッジをかけると言い、リバレッジをかけることで、失敗した場合の損失も大きいですが、上手くいくと少ない資金で大きく利益を上げる事が可能となります。


それから日本円から外国の通貨を売買するだけでなく、外国の通貨同士を売買することができます。

それを通貨ペアといい、例えばユーロを売って米ドルを買うとか、ユーロを売って日本円を買うなどという売買が可能となります。


外国の通貨によっては、国内の経済情勢や経済的に影響を受け易い国との関係などによって、連動性が高い通貨の組み合わせがあるので、通貨同士の連動性を意識して通貨ペアを売買することが重要になります。


このようにFX取引は株式投資よりも豊富な取引手法があり、慣れる事で利益を大きく上げる事が可能となりますが、最初は購入額とレバレッジを低めにして、失敗しても大丈夫な状態から始めてまずは慣れていくことを意識して行ない、慣れてきたら自分にあったスタイルを模索しながらいろいろな手法を試していくこともスキルを上げて利益を上げていくことに繋がります。

 

国内優良FX業者 はこちらから

 

 

当サイトは、副業情報、FX(外国為替証拠金取引)、あらゆる投資情報に関しての、管理人の経験、調査に基づいた情報を掲載しています。 投資については自己責任となり、当サイトのご利用による損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。