暗号通貨(仮想通貨)を購入する為には

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった暗号通貨(仮想通貨)を

購入したり送受信するためには、取引所に登録してウォレット(ネット上の財布)を持たなければなりません。

 

日本語で対応でき、取引もスムーズな下記の大手取引所に登録して

取引を開始しましょう。

一つの取引所だけではトラブルがあった場合のリスクがありますので、大手を二つ使い分散しておくということも大事だと思います。

 

ミスターリップル(Mr.Ripple)

 

さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

Mr. Ripple

 

 

コインチェック(coincheck)

インチェック(coincheck)は国内最大の仮想通貨取引所です。
取り扱い通貨の種類が多く、取引の幅が広いです。

スマホ用アプリからも取引でき、操作性も抜群で簡単に取引できます。

24時間取引ができるのでサラリーマンの方にもオススメです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

ビットフライヤー

国内最大手の取引所です。

証拠金を入れてのFX取引 ビットフライヤーライトニング(bitflyer lightning)

証拠金の最大5倍のレバレッジをかけての取引が可能です。

こちらもスマホ用のアプリがあります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FX初心者から抜け出せたら海外のFX業者へ

実際に口座を開設して取引をしてみて、トレードの方法やルールなど基本的なことが一通り理解できたら、次は大きく稼ぐことを視野に入れ作戦を練っていくといいでしょう。

ですが、投資金額を大きくして稼ごうとするのはリスクが大きすぎます。

そこで活躍するのが海外のFX業者です。

国内のFX業者ではレバレッジが25倍までに規制されているため、大きな取引をしようとすると大量の資金を投入する必要が出てきてしまい、最初のうちは物理的に無理です。

しかし、海外のFX業者は別です。

 

海外のFX業者なら大量の資金が必要という、大きく稼ぐ為の一番の足かせが外れるのです。

国内のレバレッジ25倍に対し海外のFX業者では最大レバレッジ3000倍まで高めることが可能です。(実際にはそこまでは必要ありませんが・・・)

3000倍は極端な例ですが、500倍~1000倍くらいのレバレッジは現在も当たり前にあります。

これがどれだけ凄いかというと・・・

例えば国内で10万ドル取引したい場合、仮に1ドル100円とすると

最低40万円が必要になります。

40万円を用意して10万ドル取引をして仮に為替が1円動き利益を得た場合

10万円の利益を得ることができます。

 

これに対して海外のFX業者では、1000倍のレバレッジの業者を利用した場合

10万ドルの取引がしたい場合必要証拠金はたったの1万円です。

(海外のFX業者は大体、入金ボーナスが付くため実際にはもっと少なく済みます)

そして仮にうまく思い通りの方向に為替が1円動いてくれて利益が出た場合、やはり同じ10万円が手に入るわけですが、

40万を使っての10万円勝ちでは利益率は25%ですが

1万円の投資での10万円勝ちは利益率1000%なのです。

 

まあ少し極端な例ですが、その対費用効率の良さはお分かりいただけると思います。

そして国内と違うのは利益をさらに上乗せして複利で運用する場合の威力の差です。

 

国内のFX業者の場合40万に10万を上乗せしてさらに取引を拡大するとしても、

25倍のレバレッジ規制がある為12.5万ドル分しか取引できず、

同様に1円の値動きを取れたとしても12万5千円の利益しか生みません。

 

しかし、海外のFX業者は違います。

1000倍のレバレッジが効かせられる為、11万の1000倍

1億1000万円分の取引が可能になります。

これはもうとてつもないパワーです。

同様の利益を得ると今度は110万円の利益が入ることになります。

 

1万円でスタートしてたった2回のトレードでここまでの利益を叩き出せる

可能性を秘めているのです。

(もちろん全てがうまくいった場合の話であり利益を保証するものではありません)

 

しかしそうなると気になるのが追証ですよね・・・

 

レバレッジを効かせばそれだけリスクが増す、ロスカットが予想より遅れてとんでもない額の追証が発生するのではないか・・・と心配になると思います。

 

でも海外のFX業者は大丈夫なんです。

その追証の恐怖から逃れるとっておきのシステム

ゼロカットシステムがあるのです

 

海外のFX業者は大抵このゼロカットを採用していて、追証が発生しない仕組みになっています。

証拠金がゼロになった後の損失はない。ゼロより下回った後は業者に連絡すると

マイナス分をゼロにしてくれて、また一からやり直すことができます。

このシステムのおかげで高いレバレッジでも安心してトレードすることができるのです。

 

しかしデメリットもあります。それはやはり日本語対応の業者でないと心配であるということです。

ここで紹介したい業者は日本語対応がバッチリ(日本人スタッフが対応してくれます)

の業者です。

私も利用していますが、トラブルもなく快適で使いやすい業者です。

 

 

 

 

 

いま注目されている暗号通貨

ビットコイン(Bitcoin)という言葉を聞いたことがありますか?

また名前は知っているけど仕組みまでは・・・という方も多くおられるのではないかと思います。

ビットコイン(Bitcoin)は2009年にナカモト サトシという人(日本人かどうかはわかっていないようです)が発表したインターネット上の仮想(暗号)通貨です。

1ビットコインの価値は3月23日現在、約118000円の価値となっております。

ビットコイン の詳細

 

この暗号通貨を持つことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、個人でウォレットを持ち、個人間で送金できる点があげられます。

送金手数料も限りなく安く済み、銀行が休みの日などでも送金が可能となっています。

 

そして、海外との送受金についても強力な恩恵が受けられます。

あくまで個人のウォレット間のコインの移動という形なので、海外の銀行からの多額の入金手数料なども支払う必要がないのです。

国内だろうと、海外だろうと変わりなく短時間での送受金が可能となるのです。

 

そしてリスク分散の為に持っておくという意味合いにおいても効果があります。

例えば自国の通貨の価値がなくなり、いくら持っていても意味がなくなってしまったとしても、暗号通貨で資産を持っていれば、その分は価値がなくならずに済みます。

 

こういった点からも現在暗号通貨が注目されています。

分散投資の意味合いも込めて暗号通貨を購入してみてはいかがでしょうか?

 

dream-line.hatenablog.com

株式取引よりも多くの利益チャンスがあるFXの特徴について

FXは日本円で米ドルやユーロなどの外国通貨を売買することで、差益を得る取引のことになります。


例えば米ドル1ドルが100円のときに100ドル購入した場合は、100円の日本円で100ドル分米ドルを購入したということになり、使用した日本円は10000円になります。


そして、米ドル1ドルが110円のときに100ドル売却した場合は、100ドル売却することで100×110円分の日本円に換金したということになり、手元に戻った日本円は11000円になります。


株式投資を行なう場合は基本的に安いところで買って高いところで売ることになりますが、FXの場合はこのように例えば米ドルを買ってから後で日本円に交換したり、米ドルを売ってから後で日本円に交換したりというような、双方向の取引を行うことが出来るので、レートの動きを見ながら売買することで上がっても下がっても利益を出す事が可能となります。


そして、FX専用の口座に入っている資金を担保にして、数倍から数十倍の金額で取引を行うことをリバレッジをかけると言い、リバレッジをかけることで、失敗した場合の損失も大きいですが、上手くいくと少ない資金で大きく利益を上げる事が可能となります。


それから日本円から外国の通貨を売買するだけでなく、外国の通貨同士を売買することができます。

それを通貨ペアといい、例えばユーロを売って米ドルを買うとか、ユーロを売って日本円を買うなどという売買が可能となります。


外国の通貨によっては、国内の経済情勢や経済的に影響を受け易い国との関係などによって、連動性が高い通貨の組み合わせがあるので、通貨同士の連動性を意識して通貨ペアを売買することが重要になります。


このようにFX取引は株式投資よりも豊富な取引手法があり、慣れる事で利益を大きく上げる事が可能となりますが、最初は購入額とレバレッジを低めにして、失敗しても大丈夫な状態から始めてまずは慣れていくことを意識して行ない、慣れてきたら自分にあったスタイルを模索しながらいろいろな手法を試していくこともスキルを上げて利益を上げていくことに繋がります。

 

国内優良FX業者 はこちらから

 

 

国内優良FX業者

国内の優良FX業者をあげてみました。

それぞれの特徴の詳細はバナークリックで開きます。

 

★DMM FX★

★OANDA(オアンダ)★

★外為ジャパン★

SBI FXトレード★

あなたもFXでミセス・ワタナベになれます!!

ミセス・ワタナベ」という言葉を聞かれたことはありますか?

日本では、外国為替証拠金取引(FX)を行う主婦の数が大変多く、外国為替市場で影響力を及ぼすほどの勢力になっており、彼女たちの総称として、外国人投資家などがミセス・ワタナベと呼び始めたのがきっかけだと言われています。

FXの仕組みは非常にシンプルで、基本的には外国為替市場の動きを予測し、ポジションを取る金融取引になります。

初心者の場合、米ドル・円やユーロ・円などの普段ニュースなどでよく見かける通貨ペアで、取引することが多いようです。

米ドル・円相場が、1米ドル=113円だとすると、円安を予測する人は円を売って米ドルを買い、円高になると考えている人は、米ドルを売って円を買います。

通貨ペアが変わって、ユーロ・米ドル、英ポンと・ドルで取引する場合なども、この原則は同じです。

また、銀行などで実際に外貨を購入する場合とは違い、FXでは購入するための資金を全額用意する必要はありません。

1米ドル=113円の時、海外旅行などで1,000米ドルを実際に購入する場合、113,000円に加えて、為替手数料が必要になります。

一方のFXでは、購入金額の数パーセントを証拠金として入金しておくことで、最大25倍の取引を行うことができます。

FX取引を通じ、1米ドル=113円で1,000米ドルを購入する場合、わずか4,520円(113,000÷25)の証拠金を準備すればよいのです。

少ない金額で大きな取引を行うことができる点が、FXの特徴であり、魅力の一つでもあります。

実際に取引と似た無料のデモンストレーション画面を提供しているFX会社もたくさんありますので、上記内容を体験したい方は、デモ画面を経験すると非常に分かりやすいです。

また、最近はFXで購入した外貨を、そのまま出金できるサービスを提供するFX会社などもあります。

 

国内優良FX業者 はこちらから

FXは初心者でもゲーム感覚でできる取引です

FX(FX取引)は初心者でもゲーム感覚で出来る取引であり、即ち副業の一環、お小遣い稼ぎとして始めてみることもできる取引といえます。

先ず、通貨というのは其の国によって色んな単位が有り、そしてそれは国柄や事情が異るわけですから其の国のによってマチマチの比率が有ります。

 例えば同じ物を買うにもアメリカでは1ドルでいいものを、日本では100円します。 これは、1ドル対100円が同一の価値があるとされているのです。

此のように、通貨というのは新聞やニュースなどでも毎日のように報じられているように、其の国によって比率が時々刻々と変化します。 

この一刻の変化をお金の売買を利用して利得を得ようとするのが、FX取引と言われるものです。 取り引きするには専門の業者などがあって、例えば「○○ドットコム」という様な業者があり、ネットなどを通じて簡単に取引ができます。

 このようにお金をお金で売買しながら利得を得ようとするのが「FX取引き」と言って、其の行為はある種のゲームに、又はギャンブルに似ていると思いますね。

FX取引では取引(通貨を比率に応じて売買する)交換するした分のうちで、通貨の比率が変動した分だけが得するか、損をするかだけなのです。

 従って、実際のギャンブルのように全額一気に大損(大儲け)するということは殆んどないのです。 即ち、FX取引とは、自国と外国の通貨を交換、売買して利益を出そうという取引で外国為替証拠金取引ともいわれるものです。 例えば、1ドルが100円の時に10万円をドル建てで預け入れると1000ドル(他に手数料がかかります)になります。

 此の時に、これを1ドル110円の時に引き出せば11万円となり1万円の得になるというわけです。

お金同士のやり取りというのは、お金をお金で売買する短期間の考え方から、外貨預金のような長期的な意味合いもあり、此の時には当然ながら金利という考え方も出てきます。 また、通貨の比率(為替レート)の変動幅が一般には小さいので、元金(証拠金、預入金)の何倍もの取引ができるというレバレッジ方式とか、初心者が取引しやすいバイナリーオプションとか、色んな取引ややり方がありますので、其々によく調べてから手持ちの資金や予算に応じて其々に試してみるといいでしょう。

 

国内優良FX業者 はこちらから

当サイトは、副業情報、FX(外国為替証拠金取引)、あらゆる投資情報に関しての、管理人の経験、調査に基づいた情報を掲載しています。 投資については自己責任となり、当サイトのご利用による損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。